ブルーベリーの食べ方|生や皮ごとなど、美味しい食べ方を紹介!

生のブルーベリーの食べ方は?

夏ごろにたくさん摂れるブルーベリーを生の状態でいただいた時に、食べ方に悩む方も多いでしょう。

 

目に良いなどと言われるため、積極的に摂りたいブルーベリーですが、まだまだ日本では普及していないため、食べ慣れていない方も多いのです。基本的には農薬などの心配がなければ、ぶどうを食べるようにそのまま生で食べてみましょう。

 

そのままの味を楽しむことができます。冷蔵庫などに入れて少し冷やすと美味しいです。生では食べにくいと思うときや、量が多くすぐに全部食べることができないようなときは、冷凍してみるのもおすすめの食べ方です。

 

凍らせることによってシャーベットのようになり、暑い日にはうれしいおやつになります。ちょうどブルーベリーが取れる時期は暑い時期なので、こうした食べ方を楽しむのが良いでしょう。

 

さらに、砂糖とともに鍋に入れて煮詰めればジャムができます。そのまま食べることが難しい場合は、ジャムにしておけばパンやクラッカーなど様々なものと組み合わせて楽しむことができます。

 

このように、生のブルーベリーはその時によって様々な食べ方を楽しむことができるものですから、いろいろ試しながら自分のお気に入りの食べ方を探していきましょう。

 

 

 

ブルーベリーの皮ごとおいしい食べ方

ブルーベリーもアントシアニンというポリフェノールがたくさん含まれています。皮ごと食べるのがいいと思います。

 

食べ方は鍋に入れて、砂糖控えめで火にかけます。弱火でコトコト煮出すことで、ポリフェノールを効率よく、おいしく摂取できます。パンや煮物の隠し味などにも重宝されます。アンチエージングとか美容の効果も期待されています。

 

皮をパックしてみたりすることでも、美肌が期待できます。ブルーベリーに含まれているポリフェノールの抗酸化作用で活性酸素を防いだり、活発に活動するのを抑えたりしています。

 

こんなポリフェノールのアントシアニンを、効果が出る量を摂取するには1日で300gが必要だと言われていますが、毎日とりたい食べ方としての工夫も、量に飽きが来てしまうこともありそうです。

 

そこでお勧めは、ブルーベリーのサプリメントを利用するということです。食べ方ではなかなか続けられないという人でも、サプリならしっかり摂取できると思います。

 

また、皮の部分にポリフェノールも一番多いとされていますが、ジャムなどで加工したり煮詰めたりしても口の中に残ることもありますが、サプリなら感じることなく摂取できます。

 

皮をむくのはもったいないですからお勧めします。濃縮タイプも試してみてもいいでしょう。

 

 

 

美味しさは冷凍しても変わらない?

ブルーベリーの美味しい食べ方は、生でそのまま食べるのが一番です。しかし旬の時期が短いので、その時期に収穫したブルーベリーを冷凍することで、一年中美味しくいただくことができます。

 

生のブルーベリーの場合、荒くつぶしてアイスクリームやヨーグルトに混ぜたり、またケーキやホットケーキにトッピングしたら豪華に見えますね。他に、ジャムを作ったりと色々楽しめます。

 

冷凍のブルーベリーの食べ方は、冷凍したそのままを食べるとアイスのようで美味しいですし、ジュースやサイダーに凍ったまま入れると、お洒落な飲み物になって、おうちに友達が来た時など、簡単なのにお洒落な飲み物に変身します。

 

そして、ケーキに入れて焼いたり。ケーキはチーズケーキがいいですね、酸味がチーズとマッチして、とってもおいしくなります。

 

果物や野菜と一緒にスムージーにしても、また寒天でゼリーを作る時に、寒天の中に入れたら色もきれいでとっても美味しそうに出来上がります。

 

ブルーベリーと言えば、抗酸物質のアントシアニンが豊富です。スマートフォンなどで目を酷使する人が多い現代ですが、冷凍なら手軽に手に入りますし、色々食べ方を工夫して、もっと積極的に摂りたい食品ですね。

 

 

 

参考ウェブサイトはコレ!

ブルーベリーについてたくさん解説していきましたがいかがでしたか?

 

ブルーベリーといえば、最近はポリフェノールの一種であるレスベラトロールという成分が注目されていたりします。

 

レスベラトロールについてもし知らなければ、参考ウェブサイトを1つ紹介します。