山形県酒田市を知るっ!!.JP

山形県酒田市と酒田カントリークラブを知るっ! 山形県酒田市の酒田ラーメン 山形県酒田市の歴史と観光 山形県酒田市の観光(1) 山形県酒田市の観光(2)
んだっけがっす?

    山形県酒田市と酒田カントリークラブを知るっ!

    山形県酒田市を知るっ!

    山形県酒田市は、山形県北西部、庄内平野北部にある港湾都市です。2005年11月1日に、酒田市と八幡町、松山町、平田町が合併し、新酒田市が誕生しました。庄内平野北部、最上川の下流域にあり、酒田港の北西沖約39kmにある飛島をふくみます。江戸時代には最上川舟運や、北前船(西廻り海運)の拠点港としてさかえ、現在は県下有数の商工業都市。大火により旧市街の街並みは失われましたが、日本一の大地主だった本間家の旧本邸が開放され、別邸をもちいた本間美術館があります。旧正月の2月中旬に上演される黒森歌舞伎は、県指定の無形民俗文化財。写真家土門拳の記念館は、数万点におよぶ全作品を収蔵・展示しています。

    • 市長:本間正巳(2012年10月28日就任 1期目)
    • 病院:日本海総合病院、日本海総合病院酒田医療センター(以上は地方独立行政法人による運営)、酒田市立八幡病院
    • 酒田地区広域行政組合(酒田市・庄内町・遊佐町)
    • 酒田市民会館「希望ホール」

    山形県酒田市をもっと知るっ!!

    山形県酒田市には、庄内空港と山形県唯一の重要港湾酒田港があります。また、酒田港の北西日本海上にある飛島はウミネコの繁殖地として知られています。平安時代には出羽国の国府がおかれたとあれ、江戸時代に西廻り海運が盛んになると、日本海側有数の港町、米の集散地として発展し、「西の堺、東の酒田」といわれる繁栄をみせました。酒田市の人口は約11万人で県内人口第三位で、山形県の北西にあります。

    山形県酒田市をもっともっと知るっ!!!

    山形県酒田市の南部の松山地区は、江戸時代に庄内藩から分封された松山藩酒井氏2万5000石の城下町としてさかえ、現在も松山城跡に大手門がのこります。酒田市域の大部分が庄内平野の平坦地で、河川によって運ばれた豊富な土壌で稲作を行っています。そのため、春から夏にかけては田園風景が広がります。海岸沿いの砂丘地ではメロンやイチゴの栽培をしています。酒田市街地は最上川の河口右岸に集中していて、山形県で唯一の離島である飛島(とびしま、面積2.32km2)が日本海の北西39km沖合にあります。酒田市の北部には鳥海山があり、そのふもとから日向川(にっこうがわ)が流れ出ています。

    山形県酒田市の歴史

    元禄2年6月13日(1689年7月29日)に松尾芭蕉が奥の細道で訪れているたり、平安時代朝廷が出羽国の国府として築いたと考えられる城輪柵跡があるように、山形県酒田市の歴史は古いといえます。1672年、河村瑞賢が西回り航路を整備すると、酒田はますます栄えるようになり、その繁栄ぶりは「西の堺、東の酒田」ともいわれ、秋田の外港土崎湊と並び、羽州屈指の港町として発展しました。酒田の街は袖の浦(現酒田市宮野浦)に移り住んだ奥州藤原氏の家臣36人が、1521年頃最上川の対岸に移り、砂浜を開拓し作ったと言われます。袖の浦は中世には貿易の中継地でした。日本永代蔵に登場する廻船問屋の鐙屋(あぶみや)や、戦後の農地改革まで日本一の地主だった本間家などの豪商が活躍し、町は三十六人衆という自治組織により運営されていました。

    山形県酒田市の年表
    • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い、酒田60町の区域をもって飽海郡酒田町が発足しました。
    • 1894年(明治27年)10月22日 - 庄内地震発生。市街地の8割が地震後に発生した火災により焼失してしまいます。
    • 1929年(昭和4年)4月1日 - 飽海郡鵜渡川原村を編入。
    • 1933年(昭和8年)4月1日 - 酒田町が市制施行して酒田市となりました。
    • 1941年(昭和16年)4月1日 - 飽海郡西平田村を編入。
    • 1945年(昭和20年)8月10日 - 酒田港周辺が米海軍艦載機の空襲を受け、死者・行方不明30人。
    • 1950年(昭和25年)4月1日 - 飽海郡飛島村を編入。
    • 1954年(昭和29年)8月1日 - 飽海郡西荒瀬村を編入。
    • 1954年(昭和29年)12月1日 - 隣接する9村(飽海郡東平田村、北平田村、中平田村、上田村、本楯村、南遊佐村、東田川郡新堀村、広野村、西田川郡袖浦村)を編入合併したことにより、市域が大幅に拡大しました。
    • 1976年(昭和51年)10月29日 - この日の夕方に発生した火災は翌未明まで続き、同市中心部を含む22.5haを焼失。被災者3,300人(死者は、殉職した消防長1人)、焼失建物1,774棟、負傷者964人という大災害となりました。この火災は後に「酒田大火」と呼ばれ、酒田市を始め山形県の防災意識を高めるきっかけともなりました。
    • 1978年(昭和53年) - その後、酒田市は復興に全精力を注ぎ、2年半後に復興を果たしました。
    • 2005年(平成17年)11月1日 - 飽海郡八幡町・松山町・平田町と新設合併し、新しい「酒田市」が発足しました。

    山形県酒田市の行政

    山形県の行政機関

    山形県警察酒田警察署(酒田市・飽海郡遊佐町 )

    国の行政機関
    • 国税庁仙台国税局酒田税務署(酒田市・飽海郡)
    • 法務省山形地方法務局酒田支局
    • 環境省猛禽類保護センター
    • 国土交通省東北地方整備局酒田河川国道事務所
    • 国土交通省東北地方整備局酒田港湾事務所
    • 海上保安庁第二管区海上保安本部酒田海上保安部

    酒田カントリークラブ

    坂田市民といえば、酒田カントリークラブを知らない人はいないのでは!?酒田カントリークラブは、山形自動車道の酒田インターチェンジより車で約20分、羽越本線の酒田駅からはタクシーで約25分の好アクセスが魅力のゴルフ場です。山形新幹線の新庄駅からは、タクシーで約50分です。酒田カントリークラブのゴルフコースは、オーストラリア出身のプロゴルファーであり、また多くのゴルフ場のコース設計にも携わっているグラハム・マーシュの手により、日本で初めて設計されたものです。開場は1976年と古く、長く愛されてきたコースでもあります。ゴルフをもっと多くの方に気軽に楽しんでいただきたいという思いから、1組1名様からプレーができ、しかも自由な服装で手軽にプレーができるようになっています。また、軽食や飲料の持ち込みが可能です。ちなみに、酒田カントリークラブは、現在「アイランドゴルフパーク酒田」という名で営業しています。

    酒田カントリークラブのコース

    酒田カントリークラブのコースは、日本海と鳥海山、月山を望む雄大なロケーションにあります。そのゴルフコースは、素晴らしい眺望を愛でながら大自然の中を散策するような気分でプレーができます。ゴルフ愛好家の方から、まだまだ初心者という方々まで、どのような方でも思い立った時に来て、1人でも自由な服装で気軽にプレーが楽しめるのが魅力です。全18ホール、パー72、6572ヤードのゴルフコースは、フラットで池が多いのが特徴の月山コースと、バンカーやグリーンがまわりの自然に溶け込んで芸術美を感じさせる鳥海コースがあります。程よく起伏のあるグリーンは、絶妙なパッティングが楽しめるようになっており、初心者から上級者まで、それぞれ満足のいくプレーが楽しめます。

    酒田カントリークラブから「アイランドゴルフパーク酒田」へ(1)

    「酒田CC」(山形県)運営会社が東京地裁より自己破産及び手続き開始が決定しました。負債総額は24億3900万円~敗因は景気低迷の利用者減によるものです。冬季は当然寒く雪が降る地域も多いので、ゴルフの利用客は格段と減るということで冬季にゴルフ場の倒産の話が舞い込んでくるのが多くなってきています。今年の日本を取り巻く環境もゴルフ場経営にとっては大変厳しいものであり、まず第一に東日本大震災で「ゴルフなんかやってられるか」というような状態。そして昨年の夏も大変暑かったです猛暑日が連続していました。そして冬は極寒であり平年より気温が3度~5度も低いような状況が続いています。ゴルフ場にとっては大変厳しい環境といわざるを得ません。敗因としては、景気低迷による売り上げ減そして維持費の軽減もできなかった。そういうことになります。

    酒田カントリークラブから「アイランドゴルフパーク酒田」へ(2)

    帝国データバンク山形支店と東京商工リサーチ山形支店によると、負債総額は県内企業で今年最大となる24億3900万円に上る見通しです。弁護士によると、酒田CCの正会員は1500人ほどで、負債総額の大半を預託金が占めるという。東京地裁への破産手続きの申し立ては27日。同日中に決定を受け、既に営業を休止しています。破産管財人を通じて債権者に通知する予定です。帝国データバンク山形支店と東京商工リサーチ山形支店によると、同社は1973(昭和48)年7月に地元財界人が中心となって出資して設立、酒田CCは76年9月にオープンしました。往年の名ゴルファーのグラハム・マーシュが設計を手掛けたゴルフ場として話題となりました。バブル期のゴルフブームに乗って会員数を伸ばし、1992年4月期には5億3600万円の売り上げを計上しました。その後は景気低迷や競技人口の減少などで減収傾向に。2005年に1億円の減資を実施した他、大幅な経費削減などに努めましたが、債務超過の状況が続きました。11年4月期は猛暑によるコース環境の悪化などで売上高は1億900万円までダウン。東日本大震災の影響などで今期も利用客が落ち込み、経営改善のめどが立たず、シーズンインに向けた運転資金の確保が困難な状況となったことから事業継続を断念しました。

    酒田カントリークラブの基本情報

    • 郵便番号:998-0801
    • 住所:山形県酒田市北沢字鷹尾山1-6
    • 定休日:休日無
    • 営業期間:定休日無(12月から3月下旬までの冬期間はクローズ)
    • その他情報:距離:6651Y
    • ホール数:18
    • パー:72
    • 立地:丘陵